【夏の必須アイテム】自分に最適な日焼け止めを選ぼう

クリーム

日焼けによるダメージ

紫外線は一年を通して降り注いでおり、夏だけでなく春先から秋まで相当量の紫外線を浴びることとなります。そのため通年で対策が必要ですが、毎日使用するためその日焼け止めの成分によって肌にダメージを与えてしまわないよう、自身の肌質にあった日焼け止めを選ぶ必要があります。

Read More

化粧品

紫外線から肌を守る

夏の強い紫外線を浴びると、肌がヒリヒリと傷んでしまうので、日焼け止め対策をすることが大切です。効果の強いものは、それだけ肌を痛めるリスクがあるので、普段は弱めのものを選ぶことをおススメします。いろいろなタイプの日焼け止めが売られているので、自分の好きなタイプを選ぶことができます。

Read More

吸収タイプか反射タイプか

女性

どちらにも一長一短あり

夏は紫外線の強い季節です。以前は小麦色の肌として日焼けは人気でしたが、最近では肌に与えるダメージが大きいことが明らかになり、日焼けを避けるのが一般的となりました。そのためには日焼け止めは必需品ですが、その成分には「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。吸収剤の入った日焼け止めは、紫外線を吸収し化学反応でエネルギーに変換することにより、肌に紫外線を浸透させない効果があります。なめらかで塗りやすく無色透明なため肌にぬっても白くならないことと、紫外線を強力に防ぐことが大きな特徴ですが、油分が非常に多いので肌への負担も大きく体質によっては炎症を起こす場合があります。散乱剤の日焼け止めは、塗ることで紫外線を反射・散乱させて肌を守ります。肌への負担が少ないことと効果が長持ちすることが特徴です。さらに紫外線防止効果が吸収剤に比べて低く、肌に塗ると白くなってしまうことが特徴として挙げられます。また金属が原料になっており、肌の水分を吸収してしまうため乾燥しやすくなる場合があります。どちらも一長一短ですが、日常的には吸収剤入り日焼け止めを使用し、長時間外に出ることがあらかじめ分かっているときは散乱剤入りを使用するなど、状況に応じて使い分けるのが理想です。日焼け止めには乳液やスプレータイプ、クリームタイプやパウダータイプなどさまざまな種類があります。シワやたるみ、シミなどを防ぐ効果もありますので、いろいろ使用して肌に合うものを選びましょう。

女の人

お肌を紫外線から守る力

強い紫外線からお肌を守る日焼け止めには様々な種類のものが販売されています。肌に低刺激のものは、長時間使っても肌への負担がなく素肌を守ってくれます。また、美肌効果がある美容成分が配合されている日焼け止めも販売されています。

Read More

Back to Top