【夏の必須アイテム】自分に最適な日焼け止めを選ぼう

日焼けによるダメージ

クリーム

日焼け対策のリスク

日差しが強くなってくると、気になるのが紫外線です。「紫外線が強くなる夏には日焼け対策をしなければ」と考える方が多いかと思います。しかしこれは誤りで、紫外線は通年のもので、特に夏は強いですが、春先から秋までも相当量の紫外線を浴びています。そのため、紫外線対策は季節に関係なく毎日すべきものなのです。代表的な紫外線対策は、帽子、日傘、アームカバーなどがありますが、顔は覆えないので、日焼け止めが必要となってきます。日焼けをしないためには、紫外線を防ぐ成分が多く含まれている日焼け止めを使用すれば解決できます。ですが、強力な日焼け止めを使用すると、乾燥などの肌荒れの心配が出てきます。同時に強いクレンジングを使用しないと落ちないなど、さらに肌にダメージを与えかねません。肌を守る日焼け止めで、更に肌を痛めてしまっては本末転倒です。紫外線を防ぐ成分には、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。中でも、紫外線吸収剤は塗り心地がよく、汗で崩れにくいといった利点がありますが、敏感肌には刺激が強い場合があるため、塗る際には注意が必要です。現在では紫外線吸収剤の含まれていない日焼け止めも販売されています。また、日焼け止め効果のある化粧下地、ファンデーションもあります。日焼け止めと一緒にこういったものを重ねてつけることも紫外線対策には効果的です。日焼け止めの効果は1日はもたないので、日差しが強まる午後までには一度塗りなおすことが必要です。難しければパウダータイプやスプレータイプの日焼け止めを使用することも良いでしょう。ただ、レジャーなど、特別に強い直射日光を受ける際は日焼け止め成分の強いものを選ぶ必要があります。毎日使用するので、自身の肌質を考え、状況にあったものを選ぶ必要があります。

Back to Top